まいにちワイン☆ときどき釣り

毎日、ワインを飲んで釣りが出来たらよいなぁ…と気の向くままに発信します

江戸前の小物釣り・テナガエビ釣りに挑戦!!釣ってワインで楽しめるのか?①

こんにちは!

 

江戸前の小物釣り」といえば、

ハゼ、タナゴ、そしてテナガエビ

 

昨日はハゼ釣りをしましたが、あいにく食べられる程の数がつれなかったので、
今日こそはワインで楽しめるぐらい釣りたい!!

でも昼休み釣行の我々には時間は限られています。
気合入れていこう!!
でもテカガエビ釣りは初めてなんだよなぁ…

f:id:tsuritsuri:20170618003341j:image

まずは近所の釣具屋でテナガエビようの仕掛けとエサの赤虫を購入。

ササメ針 W-603 手長エビ沈め玉うき2段

「針小っちゃ!」
テナガエビの口は小さいから、針は相当小さくないと駄目なのでしょうね。
しかも針が並んで2つついてる、「地獄針」というやつですね。
店員さんに釣り場とコツを聞いて、足早に釣り場へゴー!
なんせ我々には時間がない!

さて、テナガエビですが、生息地は河川の汽水域と言われています。
梅雨入りごろから繁殖期に入り、岸沿いの浅場に集まります。
テナガエビは捕食がゆっくりなので、ゆっくりと合わせる釣りのようです。

f:id:tsuritsuri:20170618003347j:image

さぁ、釣り場に着きましたよ。
海から約3km上流の場所の船の停泊地付近。
流れがほとんどないので、釣りやすそうな場所です。
とってものどかな風景。
「なんか、休日モードに入りそうだな…」 

f:id:tsuritsuri:20170618003358j:image

余分な事と考えず、とにかく釣り開始!!
赤虫を針につけて、
「ど・こ・に・お・と・そ・う・か・な?」
水面をじっと見ていたら、プクプクと泡が上がって来る所を発見!
そっと落としてみたら…反応ないなぁ

数分経っても反応がないので、上げてみたら…

「あっ!釣れてる!」

f:id:tsuritsuri:20170618003428j:image

 アタリがわかりにくい!
「そうか、そうか、そういう釣りね。

 イカンイカン、ウキ微妙な動きを見ていなかった」


もう一度、同じ場所へ餌を落として、注意深くウキを見ていると…
やっぱり反応がない。
「まさか釣れてないよな…」上げてみると。
「あっ、また釣れている!」
何だか、うれしいような、くやしいような、複雑な気分です。

そんなやり取りをしているうちに、小一時間が経ち、釣果はこんな感じです。

f:id:tsuritsuri:20170618003445j:image

テナガエビ13匹とハゼ3匹。
初めてにしては、まぁまぁなのかな?
ひとまずワインのおつまみにはなりそうです。
「釣れた!」という実感はイマイチないのですが…

「おぉ、時間がない!早く会社に戻らないと」

もっとゆっくりと釣りをしたかった!!

帰り途中、地元のオジサン集団がエビ釣りをしている所を発見!
近づいてみると、なんとビックリ!
バケツの底が見えない程のテナガエビが釣れいる!!

f:id:tsuritsuri:20170618003453j:image

「すごいですね!」と私。
「まぁ、3日間ずっとやっているからな!」とオジサン。
「また、またぁ…」と軽く流す。

帰り道、「どこの釣り場にもベテランのオジサンがいるもんだね…」と言いながら、急いで会社へ戻りました。
それは、将来の我々の姿なのか…

さて、釣れたエビはどうやって食べようか…
それは、次回のお楽しみです。

それでは、また!!

 ↓押してくれると嬉しいです!!


ワインランキング