まいにちワイン☆ときどき釣り

毎日、ワインを飲んで釣りが出来たらよいなぁ…と気の向くままに発信します

12月22日・冬至は丸ごとカボチャグラタンとドイツワインで!【くり抜き料理第4弾】

f:id:tsuritsuri:20171218004318j:image

こんにちは。
今年の12月22日は冬至です。
冬至にカボチャを食べると風邪予防になると言われています。
カボチャにはビタミンAやカロチンが多く含まれているためです。
昔は、保存のきく夏の野菜をカボチャを冬至まで取っておいて、無病息災を祈ってカボチャを食べて冬を乗り越えていたようです。

風邪予防にカボチャを食べよう!くり抜き料理で!

くり抜き料理の第2弾の時にリクエストがありました。

丸ごとリンゴの焼きプリンをつくってみた!【くり抜き料理第二弾】 - まいにちワイン☆ときどき釣り

 

f:id:tsuritsuri:20171218014220j:plain

maxa55さん、ありがとうございます。
ちょうど冬至も近い事ですし、今回はカボチャでくり抜き料理を作ります。

 

丸ごとカボチャグラタン

実は過去に似たような料理を作っています。

mainchiwine.hatenadiary.jp

バターナッツという変わったカボチャを使ったグラタンです。
なかなか大変だった気がします…

 

今回はとっても簡単に作ります。

f:id:tsuritsuri:20171218004352j:image

 
マカロニを別で茹でる必要がないので、一つの鍋で出来てしまう超簡単なグラタンの素です。

牛乳、玉ねぎ、ベーコン(今回は鶏胸肉)があれば簡単に作る事が出来ます。
4人前のグラタンの素なので、今回はコチラの素を半分使用しました。

 

器になる大きさのカボチャがなかなか見つからなくて、少し苦労しました…
今回器になるカボチャは大きめの南米の輸入カボチャです。
半分にカットされたカボチャを使います。

 

作り方(2人前)

①カボチャは種を取り除き、ラップをして電子レンジで600Wで6分加熱。

f:id:tsuritsuri:20171218004330j:image

②加熱したカボチャをスプーンを使って優しく果肉をくり抜く
③くり抜いたカボチャはグラタンに混ぜる

 f:id:tsuritsuri:20171218004458j:image

④調理したグラタンの素を、カボチャの器に流し込み、とろけるチーズをかける

f:id:tsuritsuri:20171218004522j:image

 ⑤オーブントースターで10分程加熱して、チーズがとろけたら出来上がり!!

f:id:tsuritsuri:20171218004549j:image

カボチャの器が崩壊寸前でしたが、何とか出来上がりました!
これは、迫力のある料理です!!

 

 

 

食べてみるよ!

スプーンですくうとカボチャの器の内側がホロホロっと崩れて、カボチャとグラタンがうまい具合に混ざります。

 

f:id:tsuritsuri:20171218004559j:image

 ホクホクのカボチャとカボチャの混ざったグラタン…どちらも美味しそうです!

f:id:tsuritsuri:20171218004617j:image

 まずは、グラタンを一口…
このグラタンの素は、普通に何度か食べたことがあり、既製品らしい味でもう一つ深みが欲しい…と以前から感じていました。
でも、カボチャが混ざる事によって旨味とコクが増えて、味わいが良くなりました。
手作りのグラタンのような美味しさになりました。

カボチャの部分は…残念ながら安い輸入カボチャのせいか、甘味がほとんどなくカボチャだけではあまり美味しくありません。
でも、これをグラタンに混ぜると美味しくなります!

既製品のグラタン+甘くないカボチャ=美味しいグラタン

これが実現できるのは、やはりくり抜き料理のなせる業ではないでしょうか?

ほじって、混ぜて、食べる
ほじって、混ぜて、食べる

この繰り返しが最高です!

 

ワインはどうするの?

バターナッツのカボチャの時と同じように、かみしめると甘味の出てくる料理は、ほのかな甘味のドイツワインがピッタリです。

特にドイツのモーゼル地方のピースポーターは、手軽な価格で楽しめる銘醸ワインです。
ホクホクしたほんのり甘味のあるグラタンと、酸味と甘みのあるドイツワインの相性は最高です。

 料理自体の味は濃くないので白ワインなら比較的何でも美味しく楽しめそうですね。
ワイン探すならここでチェック

夢中でカボチャグラタンをほじって食べている内に、カボチャを沢山食べていることに気が付きました。
普段、煮つけなどのカボチャ料理はあまり沢山食べられませんが、丸ごとグラタンにすると無理なく沢山食べられます。

 

これだけ食べれば、風邪は引かないでしょう!

 

もうすぐ冬至です。
ぜひ作ってみて下さい!!

 

それでは、また!

 

☆合わせて読んでね!☆

mainchiwine.hatenadiary.jp

 

☆最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございます☆

↓ポチっとして頂けると、励みになります!

ワインランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓いち早く記事をお届け!

ぎんなんでワイン!【ガーリック焼き銀杏とソーヴィニヨンブラン】

こんにちは。

ぎんなん…おいしいですよね。
今年は、ぎんなんを食べていないなぁ…と思ったら、スーパーで見つけました。

f:id:tsuritsuri:20171217075403j:plain

ぎんなんの旬は9下旬から11月。
カロテン、ビタミン、ミネラルが豊富で栄養価が高く、古くから咳や痰に効くとも言われています。

もうすでに、旬を過ぎていますが、せっかくだから食べてみます。


ぎんなんはやはり、シンプルに塩ぎんなんが一番おいしい!
でも、ワインと合わせるのなら少し味付けを変えてみたいと思います。

ガーリック焼きぎんなん 

材料

ぎんなん:40個
鷹の爪:1本
ガーリックパウダー
塩コショウ
茶封筒

作り方

 

 ①厚めの茶封筒にぎんなんをいれて、口を3回以上折り込むf:id:tsuritsuri:20171217075410j:image

②電子レンジ、600Wで2分で加熱する(1,2個はじけたら終了する)

f:id:tsuritsuri:20171217075425j:image

 

③料理ばさみで殻を割り、薄皮を取り除く(熱いうちに素早く)

f:id:tsuritsuri:20171217075452j:image

↑むきながら食べちゃうんだよなぁ…

 

④むいたぎんなんを爪楊枝にさす
⑤フライパンに、オリーブオイル、鷹の爪を入れて加熱、香りが出てきたら④を投入

f:id:tsuritsuri:20171217075510j:image

 ⑥全体に焦げ目がついたら、ガーリックパウダー、塩、コショウをふって出来上がり!

f:id:tsuritsuri:20171217075523j:image

 

ペペロンチーノのような良い香りがしてきます!

f:id:tsuritsuri:20171217075352j:image

↑あれれっ、ぎんなんにピントが合っていない!

 

 

食べてみるよ!

f:id:tsuritsuri:20171217084337j:image

 見た目は普通の塩ぎんなん。
でも一口食べてみると、ガーリックの風味が広がります。

 

香ばしくて、美味しい!

 

 唐辛子の辛みもあとから効いてきます。

 

これはワインに合いそうだ!

 

ガーリックと唐辛子の香りが強いので、塩ぎんなんと比べて、ぎんなんの香りが少し弱く感じます。
でも、ワインと楽しむには丁度よい感じになりました。

 

ワインはどうするの?

特有の苦みと青臭さがあるぎんなんには、ソーヴィニヨンブラン。
ハーブや柑橘系のフレッシュな香り、キリっとした酸はぎんなんとの相性は抜群です。

 

特に、ニュージーランドのソーヴィニヨンブランは、ライムやグレープフルーツのようなニュアンスが強いので、より爽やかに楽しめます。

 

 ガーリック風味のぎんなにに、爽やかなライムの香り…
沢山食べて、飲みたくなります!

でも、気をつけて!!

 ぎんなんにはビタミンB6の作用を妨げるメチルビリドキシンという中毒物質が含まれているので、食べすぎると中毒症状がでる事があります。
「ぎんなんは歳の数よりも多く食べてはいけない」と言われているそうです。

 

実は私も一気に20個近く食べたせいか、そのあと入浴中に鼻血が…

 

 

本当においしいので、食べすぎに気をつけてください!

 

それでは、また!!

 

☆合わせて読んでね!☆

mainchiwine.hatenadiary.jp

mainchiwine.hatenadiary.jp

 

☆最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございます☆

↓ポチっとして頂けると、励みになります!

ワインランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓いち早く記事をお届け!

 

 

 

お酒の弱い人でもワインを楽しみたい!【世界の低アルコールワイン5選】

「空のグラス空のグラス」のフリー写真素材を拡大

 

こんにちは。

歳の瀬が近づくにつれ、お酒を飲む機会が増えてきます。
お酒の弱い人にとっては、すこし辛い時期ですよね。
何を隠そう私もお酒に弱い方でして…

お酒が苦手な人でもワインに興味がある!ワインを楽しみたい!
という人は沢山いらっしゃいます。


今回は、そんなお酒の弱い人でも楽しめる、世界各国の低アルコールワインをご紹介します。
でも、くれぐれも飲みすぎには注意です!!

 

飲みやすい低アルコールワイン世界代表!ドイツワイン

 

・合う料理: シーフード 軽い肉料理
・原産国:ドイツ

・アルコール度数: 9.5 %
・白ワイン・甘口

 

低アルコールで飲みやすいワインの代表は、何と言ってもいドイツワイン
フルーティーで口当たりが良いので、お酒が弱い人やワインが苦手な人でも、気軽に楽しめるワインが沢山あります。
中でもこちらの、『黒猫の座った樽のワインが最もできが良い』という、ドイツのモーゼル地方ツェル村の伝説から誕生した『ツェル村の黒猫』のワインは世界的に有名なワインです。『プリカッツ』はソフトな口当たりとすがすがしい香りで、ビギナーから飲み慣れた方まで幅広く楽しめます。

 

 

オーストラリアNo.1ワイナリーのフルーティーなロゼ!

 

・合う料理: 中華料理全般、エスニックフード
・原産国:オーストラリア
・アルコール度数:7.5%
・微発泡・甘口

日本とアメリカで売り上げNo.1のオーストラリアワインと言えば「イエローテイル」。
オーストラリアを代表するシラーズの赤ワインをはじめ、様々なワインをリリースしています。気軽に、本格的な楽しめるワインとして人気のあるワイナリーです。


白ぶどうのモスカート種と黒ぶどうのシラーズのブレンドによりピンク色のこのワインは、微発泡でフルーティーなマスカット味で気軽に楽しめるワイン。
食中酒としても、食後酒としても幅広く楽しめます。

 

 

 

イタリア最上位のランクされるマスカットの香りの微炭酸ワイン!

 

・原産国:イタリア
・アルコール度数:5.5 %
・微発泡・甘口

1939年創業、イタリアワインの王者とも言われるバローロバルバレスコの名門チェレット家がつくる、微発泡の甘口ワイン。ピエモンテ産のモスカート(マスカット)種を100%使用した、自然な甘味が心地よいフルーティなワインです。
マスカットの甘味と爽やかな酸味で、あらゆる場面でも気軽に楽しめます。

また、チェレット モスカート ダスティイタリアワインで最上位を意味するDOCGにもランクされています。

 

 

南フランスの超名門ワイナリーが作る、甘口赤ワイン!

 

・原産国:フランス
・アルコール度数:6%
・赤ワイン・甘口

「渋くて飲めない」「アルコールに弱い」そんなお客様の声に応えるべく蔵元とヴィノスやまざきが共同開発した、低アルコール甘口ワインです。
南フランスのスター生産者・ジェラールベルトランが手掛けています。
エールフランスのファーストクラスのワインも手掛けるワイナリーで作られる、このワインは、ブドウ本来の旨味と甘味を楽しむ事が出来ます。
以前テレビで紹介された際、10分で1,200本売れた物凄い人気ワインです。

 

 

辛口でも低アルコール!スペインの辛口スパークリング!

 

・原産国:スペイン
・アルコール度数:11.5 %
・スパークリング白・辛口

辛口ワインは本来、ブドウの糖分をすべてアルコールに発酵させるため、アルコール度数が高くなります。
しかし、このスペインのカヴァは辛口でありながらも、アルコール度数を抑えたワインです。
しかも、シャンパンを含むスパークリングワインはドサージュ(糖分添加)を行う事が多い中、このワインはノンドサージュ(糖分無添加)で作っている為、非常に切れ味の鋭い辛口になっています。

 アルコール分が低くても甘口ワインは嫌だ
という人にも楽しめる希少なワインです。

 

いかがでしたか?

お酒の弱い人はアルコールの毒素を分解する酵素が少ない為、無理にたくさん飲酒をすると体に悪い影響を及ぼしやすいと言われています。
飲みやすいからと言って、飲みすぎないようにしてくださいね。

私はワインに携わりながらも、アルコールに弱いという皮肉な体質です。
しかし、体に無理なくワインを楽しむ方法は色々あります。
それに関しては、またの機会にご紹介したいと思います。

それでは、また!!

 

☆最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございます☆

↓ポチっとして頂けると、励みになります!

ワインランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓いち早く記事をお届け!