まいにちワイン☆ときどき釣り

毎日、ワインを飲んで釣りが出来たらよいなぁ…と気の向くままに発信します

エディブルフラワー入りのキャンディー作り、大失敗!

f:id:tsuritsuri:20191116182302j:image

こんにちは。
えー、今日はエディブルフラワ入りのキャンディーにチャレンジしました。
というのは、今、実家でエディブルフラワーを栽培していまして、細々と販売しているのです。

oneleafwine.thebase.in

 

ありがたい事に、近所のカフェから定期的に注文が来るので、
がんばって作って生産量を上げていたら、沢山できるようになりました。
供給が需要を超えました。
供給過多ですね。
経済的に言うとその後「値崩れ」の恐れ…(実際に現在半額セール中)。

それはいかん。

エディブルフラワーを使って何か作ろう!
と思い、エディブルフラワー入りのキャンディを試みました。

 

 

実は作った事がある

実は2年ほど前、ちょうどエディブルフラワーを始めた頃に、
キャンディを作った事があります。
でも、飴を扱うのが難しく、また生のエディブルフラワーを使ったから、
クシャクシャになってしまいました。
今回はうまく行きそうな気がする…。

 

ネットで作り方を検索してみると…

《エディブルフラワーロリポップ》の作り方はとーっても簡単♡
と書いてあるサイトを発見!

本当か?半信半疑でその作り方でやってみます。

 

f:id:tsuritsuri:20191116182310j:image
↑あらかじめ作っておいたドライエディブルフラワー

f:id:tsuritsuri:20191116182336j:image

↑あめ色になるまで砂糖と水を火にかける…

 

本当に、本当に、レシピ通りにやりました。
そうしたら…

f:id:tsuritsuri:20191116182339j:image

おい!
こりゃねーだろ!!
化石かよっ!

 

火が強すぎたのか、加熱時間が長かったのか、
琥珀色になってしまいました。

 

こうなったら、中国の飴細工の真似事をするしかありません。

f:id:tsuritsuri:20191116182349j:image↑龍をイメージ

 

オッサンが作ったからこんな色になったのか…
それとも清い気持ちが無いからこうなったのか…

いずれにしても、全然簡単じゃありませんでしたね。
一応、料理は下手ではないはずですが…。

 

大量のインチキ飴細工を前に、
ふぅーとため息をついた、
オッサンでした。

それではまた。

 

 ↓こんな事もやっています

vegeage.jp

 

 

忘れた頃にエリンギがぁ!!【エリンギ栽培キット】

こんにちは。
3週間前にシイタケ栽培キットについて投稿しましたが、
同じ時にエリンギも初めていました。

mainchiwine.hatenadiary.jp

シイタケはわずか栽培開始からわずか4日で収穫をしましたが、
エリンギはそうは行きませんでした。
栽培開始から数日で発芽を始めるシイタケに対して、
エリンギは発芽まで2~3週間かかるからだそうです。

 

最初はこんな感じ

シイタケ同様、送られてきた箱には「すぐに栽培を始めてください。」と書いてあります。
仕事そっちのけで、すぐに始めてみます。

f:id:tsuritsuri:20191113084113j:image

 

箱を開けると白い膜のような物で覆われた原木が…。
f:id:tsuritsuri:20191113084116j:image

 

膜のような物をすべて削り、水につけて準備万端。
f:id:tsuritsuri:20191113083610j:image

ここまでは、シイタケ栽培キットと同時に行いました。
しかし、シイタケの栽培温度が20~23℃に対して、エリンギは10~18℃。
シイタケは室内に、エリンギは軒下で栽培をする事にしました。

シイタケはすぐ出来たけど…

栽培を開始した時期は10月の中旬。
ちょうど気温が20℃前後だったので、シイタケの栽培に適した温度だったせいか、
栽培開始の翌日に発芽したかと思うと、4日目でこんな感じです。

f:id:tsuritsuri:20191113090017j:image

…で、エリンギは?
写真が残っていないくらい、何も変わりません…。
気温が高いかな…?
いや、発芽まで2週間以上かかるから、これからだろうな。

 

一週間後…
シイタケの収穫をすべて済ませた後、エリンギの世話は父親に任せて、
1週間くらい家を空けました。

 

「エリンギ生えたきたぞ…」と父親。
まぁ、一週間くらいだから小さい芽が少し生えてきた位だろうな…と思ったら。


おい、おい、密集しすぎだろ…
それに、まだ下から小さいのが生えてきそうです。
エリンギの収穫はまだまだ先だと思っていましたが、
意外と早くて驚きました。

シイタケの生え方にも驚きましたが、
エリンギの生え方も中々の迫力です。

 

怪獣みたいな柄ですが、立派なエリンギです。
f:id:tsuritsuri:20191113083613j:image

3~4日間で20本以上収穫して、炒め物やラーメン等に入れて食べました。
販売している物よりも形が悪いですが、美味しかったですよ。


今は少し休ませて次の発芽を待っています。

それでは、また。

 

新東名・駿河沼津SAで見つけた変なお土産【TEA TIME BROTHERSとオリーブイリコ】

f:id:tsuritsuri:20191111092115j:image

こんにちは。
先日、東京で飲み会があるので張り切って東京へ向かっていたら、
途中で中止の知らせが…
えっー当日に中止!?
まぁ、どうせ東京へ帰るつもりだったから良いけどね。

少し時間に余裕ができたので、せっかくなので新東名の駿河沼津サービスエリアでお土産を物色しました。

新東名のサービスエリアは新しくて、色々な物が売っているので楽しい…
静岡サービスエリアはよく行きますが、沼津は初めてです。

mainchiwine.hatenadiary.jp

 


【TEA TIME BROTHERS】緑茶×シャンパンの香り
f:id:tsuritsuri:20191111092122j:image

静岡茶をこよなく愛する超個性的な2人の兄弟「茶―リー」と「セバス茶ン」がおくる、愉快で遊び心満載の静岡茶フレーバーティ。静岡の美味しい茶葉をベースに、日々の時間にぴったりの香りをブレンドしました。静岡茶の美味しさと華やかな香り、そして2人が繰り出すシュールな「笑い」と共にいつもの静岡茶とは違う楽しみをお届けします!ワカモノよ!LET’S ENJOY YOUR TEA TIME !!

※サイトより

 

だいぶ遊び心が満載の静岡茶のフレーバーティですね。
ちょっとイラッとさせるデザインが、逆にそそります。
売り場では「ほうじ茶×焼き芋の香り」がおススメでしたが、
やはり私としては「緑茶×シャンパンの香り」を買わない訳にはゆきません。


f:id:tsuritsuri:20191111092108j:image

↑イラッとさせるデザインそれが良い

 

ティーバックのフレーバーティーで、お湯でも水でもソーダでも入れられるようです。


f:id:tsuritsuri:20191111092127j:image

お湯で入れてみました。
最初から立ち上がる甘いブドウの香り…。
味も渋みが少なくて柔らかくて上品。
美味しい…
でもね、シャンパンの香りではない。

面白いパッケージだし、美味しいけど、
シャンパン好きの人にプレゼントをしたら、
多分文句を言われます。
シャンパン好きの人は、ブドウの甘い香りをあまり好まない傾向がありますので…。

「これは遊びだから…いいでしょ」
なんて油断していると痛い目に合います。
シャンパン好きの人は、シャンパンに対して以上に厳しいので…。
普段温和な人でも、ちゃぶ台をひっくり返すような事があるかもしれません。

それだったら「焼き芋の香り」などの他のフレーバーを選んだ方が良さそうです。


 

 

 

オリーブ イリコ
f:id:tsuritsuri:20191111092118j:image↑こちらも見た目で買ってしまいました。

乾燥オリーブの葉(小豆島オリーブ)を入れて作られたイリコです。
外観は通常の煮干しと変わりませんが、生臭さ・苦さがすくなく、酸化を抑えられる特徴があるそうです。
f:id:tsuritsuri:20191111092112j:image

↑見た目は普通の煮干し

食べてみると、確かに魚臭さも苦味もありません。
煮干しの美味しさがはそのままなので、ついつい沢山食べてしまいそうです。
オリーブの香りはあまり感じないので、「オリーブが好き!」という人には期待外れかもしれません。(そもそもオリーブの味をつける訳ではないので)
「オリーブ」と付く物はワインと合わせやすいのですが、さすがにワインとのペアリングはハードルが高そうです。


でも、単純についつい後引く美味しさです。

 

いろいろ細かい事を言ってしまいましたが(それが楽しかったり…)、
両方とも見た目の味も良いので、
お土産としては良いと思いますよ。

 

→こんな事もしています

vegeage.jp