まいにちワイン☆ときどき釣り

毎日、ワインを飲んで釣りが出来たらよいなぁ…と気の向くままに発信します

新生活に疲れた時に飲みたい!おススメワイン【症状別】

ã伸ã³ããã女æ§ä¼¸ã³ããã女æ§ãï¼»ã¢ãã«ï¼æ¢å­ï¼½ã®ããªã¼åçç´ æãæ¡å¤§

 

 

こんにちは!

 

新年度がはじまって、もうすぐ3週間。

新しい環境で頑張って、そろそろ疲れが出てきてはいませんか?

私は、特に新しい環境ではありませんが、訳あって8連勤をして、疲れが溜まってきました。

 

こんな時、どんなワインを飲もうかな…

 

今日は疲れの症状別に、おすすめワインをまとめてみました。

あくまで私の一方的な意見なので、悪しからず…

まず疲れの種類については3種類でしょう。

  1. 運動による疲れ
  2. ストレスによる疲れ
  3. 環境に起因する疲れ 

それではこの3種類に疲れを、ワインでどのよう解消するか考えてみましょう。

 

1.運動による疲れ

新生活が始まって、通勤・通学で慣れない満員電車にのったり、立ち仕事をするようになったりと、運動による疲れが溜まっている方。
まずは休息。睡眠をとるか、しっかりと栄養を摂取する必要があります。

 

解決アルコール度数が低めのデザートワインで睡眠を促す!

 

 アイスワイン貴腐ワインなど、アルコール分が少ないデザートワインを寝る前に少しのんで、ぐっすり眠る…翌朝すっきりと元気になれそうです!

デザートワンは開封してから長持ちするので、少しずつ楽しめるのもうれしいですね。

 

解決酸味のある白ワインで食欲UP! 栄養をつける!  

 

 

 2、ストレスによる疲れ

新しい人間関係で気を遣う事が多くなったり、責任のある立場になりプレッシャーを感じる事がおおくなったりと、ストレスによる疲れが溜まっていいる方。
とにかく癒しが必要ですね。
もしくは思いっきりストレスを発散させる事が必要かもしれません。

 

解決ロゼワインの香りと色に癒される!

 

 

解決スパークリングワインで文字通り弾ける!

 

3、環境に起因する疲れ

4月に年間で一番最高気温と最低気温の差が大きい時期です。
気候の変化で疲れを感じている方は免疫力を高める事が必要かもしれません。
ポリフェノールの抗酸化作用で免疫力をアップさせると良いでしょう。

解決ホットワインで免疫力をアップさせる!

赤ワインを沸騰させて、オレンジやリンゴと砂糖・シナモンを入れれば簡単につくれます。

心も体もホッコリして毎日安眠!免疫力アップ!!

 

 

 

いかがですか?

フルーティーなワインを普段飲まない方でも、疲れた体の為に試してみてください。

元気な体で、またワインを沢山飲みましょう!

 

それでは、また!!

 

☆こちらも見てね☆

mainchiwine.hatenadiary.jp

☆最後までお付き合い頂き、ありがとうございます☆

↓読者登録お願いします!

 

↓押してください!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ツイッターは小ネタも沢山!

 

マロングラッセとブルーチーズを一緒に食べる!【1924~ミル ヌッフソン ヴァンキャトル】

イタリア産マロングラッセ

こんにちは。

いつもお世話になっているチーズ屋さんが

「イタリア産のマロングラッセ入荷しました!」

と、試食をさせて下さいました。

f:id:tsuritsuri:20180410232442j:plain

日本の栗のようにホクホクしていなけど、しっとりした美味しさがあります。
比較的小ぶりですが、果肉がしまっている印象です。

中までしっかりと味が染み込んでいて、とろけるような甘さです!

 

「ブルーチーズと一緒に食べると最高ですよ!」

 

なぬっ? 面白そうじゃないですか…

 

チーズ屋さんがおススメしてくれたのがこのチーズ!

f:id:tsuritsuri:20180410230338j:plain

1924~ミル ヌッフソン ヴァン キャトル

フランス・オーベルニュ地方産の青カビタイプのチーズ。
羊乳と牛乳の濃厚な甘さと、しっかりと入った青カビの風味のバランスが良い、コクのあるチーズです。
オーベルニュ地方では昔、牛乳と羊乳を混ぜ合わせたチーズが良く作られていました。
「1924」は、その時代を回顧した生産者が新たに作り出した特別なチーズです。
近くで作られている、広く人気のあるロックフォールチーズが原産地呼称を獲得した1925年。その年よりも以前より作られていた歴史のあるチーズという意味で「1924」とつけられました。

面白いネーミングですね。

 

いつも通り、おススメされた物を購入しました。

 

絶妙な組み合わせ

さっそく、言われた通りに一緒に食べてみます。

f:id:tsuritsuri:20180410230332j:image

 ↑チーズもマロンも切りにくいけど何とか盛り付けました

f:id:tsuritsuri:20180410232435j:image

 一口でパクッと食べます!

強烈なブルーチーズの香りが口いっぱいに広がると同時に、マロンの甘さがそれを優しく包んでくれます。

うーん、なめらか…
なんだか複雑だけど、絶妙な美味しさ…


噛むたびにブルーチーズの味が広がるかと思うと、マロンが優しく包みます。
香りもコクも非常に強いチーズなのに、マロンのおかげで、とても柔らかく感じます。

ついつい食べすぎてしまいそうなので注意が必要です。

 

 

ワインはどうするの?

【厳選お奨めワイン】1万円(税込)以上お買上で送料無料!!

ここまで甘美でなめらかな食べ物とは、やはりデザートワインが最高!

フランスのソーテルヌが良いのですが、生憎そのような高級ワインは手元になく…

 

ハンガリー貴腐ワイン、トカイ アスーです。
美しい琥珀色、アプリコットとハチミツのようなニュアンスのある、なめらかなデザートワインは、チーズとマロンをよりまろやかに美味しくしてくれます。
とても素敵な三角関係…

これは、人を堕落させるような禁断の美味しさです!

 

 おまめちゃん登場!

でも食べながら、奥様が思い付きました。

「マロングラッセじゃなくても、フジッコのおまめちゃんでも美味しいのでは?」

何という発想!

確かに甘く炊いた豆も同じように楽しめそうです。

f:id:tsuritsuri:20180410230416j:image

 

たまたま冷蔵庫にきんとき豆があったので、早速ためしてみます。

f:id:tsuritsuri:20180410230424j:image

 ↑見た目も違和感ない…

 おっかなびっくり一口パクッ!

 

旨い!

 

おまめちゃんとブルーチーズが合うなんて!!

 

もちろんマロングラッセのような禁断の美味しさまでではありませんが、
十分感動する美味しさです。

もちろんワインとも相性抜群でした!

 

まとめ!

マロングラッセとブルーチーズの絶妙な組み合わせに出会えて良かった!
でもそれを「おまめちゃん」で代用したウチの奥様にもびっくり。

ぜひお試し下さい!

 

 ☆こちらも見てね!☆

mainchiwine.hatenadiary.jp

☆最後までお付き合い頂き、ありがとうございます☆

↓読者登録お願いします!

 

↓押してください!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ツイッターは小ネタも沢山!

 

 

メバルの白ワイン蒸しは、ヴェルデッキオで!

こんにちは。

スーパーで美味しそうなメバルが売っていたので、買ってきました。

メバルは早春の魚(春告げ魚)として、釣り人には人気のある魚です。
メバル釣りが始まると本格的に海釣りの季節が始まります。
釣りのターゲットとしても人気の高い魚ですが、食べても美味しい!

本当は釣ったメバルを食べたかったけど…

 

メバルの白ワイン蒸し

材料

メバル:2尾
エノキダケ:1束
プチトマト:5個位
白ワイン:1カップ
バター:10g
ローズマリー・塩コショウ・オリーブオイル

 

作り方
①耐熱皿にほぐしたえエノキダケを敷く。
メバルの両面に塩コショウ、ローズマリーパウダーを振り、①の上にのせる。
③プチトマト、バター、白ワインを②に振りかけラップをする。
④500Wで5分加熱して、加熱具合をみてもう3分程加熱して火が通ったら出来上がり。

f:id:tsuritsuri:20170607195828j:image

 ↑赤いメバルは10m以下の深場に生息している

 

これでいいの?

と言うくらい簡単にできました。
本当は蒸す前に、メバルに焼き目を付けた方が美味しさが逃げないのですが…

f:id:tsuritsuri:20180409163817j:plain

 

 

食べてみるよ!

プチトマトがイイ感じに破裂して、旨味がジュワッと出ています。
そして、エノキにトマトと魚の旨味が染み込んでいて、これだけでご飯が食べられそうです。
メバルの身をほぐして、エノキと一緒にパクッ…

 

うーん、美味しい…

 

トマトと魚とエノキの旨味が、バターの味が最高!

プチトマトも甘くて美味しい。

 

ワインはどうするの?

 

 イタリア中部のマルケ州で作られる白ワインのヴェルデッキオ。
「ヴェルデ=緑」という意味であるように、若草のような香りがする爽やかなワインです。潮の香りのようなミネラル感を感じるので、魚料理との相性は抜群です。

このワインは、ヴェルデッキオの中でもコクがある方なので、バターの味がしっかりとした今回の料理でも負けない味です。

 

まとめ!

 エノキのグルタミン酸グアニル酸、トマトのグルタミン酸、そして魚のイノシン酸
それぞれの旨味成分の相乗効果で、とても美味しくなりました。
魚の臭みもなく、ワインとの相性も良かったので、これはまた作りたい!

その時は、自分で釣ったメバルで!!

 

それでは、また!

 

☆最後までお付き合い頂き、ありがとうございます☆

↓読者登録お願いします!

 

↓押してください!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ツイッターは小ネタも沢山!