まいにちワイン☆ときどき釣り

毎日、ワインを飲んで釣りが出来たらよいなぁ…と気の向くままに発信します

週末のお父さんの調理は迷惑だよ…【お父さん料理の注意点】

 

f:id:tsuritsuri:20180717224551p:plain

こんにちは。

 

私は毎週末、料理を作ります。(今は仕事を辞めたので、週末もへったくれもありませんが)
カミさんも楽ができて、みんな美味しく食べてくれるので、とても良い…のですが、
そうでない場合もあります。

 

でも、気を付けて下さい!
お父さんの料理には様々か危険が潜んでいます。

 

10年程前になるのですが、当時の上司の話です。

お父さん、頼むからもう料理しないで…

当時の上司Tさんは、とっても釣り好き。
それと同じくらい料理する事も大好き。
調理師経験は無いのに、調理師を取得している程です。(大体こういう人は面倒臭い人が多い)
毎週、乗合船で沖へ出て、美味しいお魚を釣って自宅で調理しています。

何度かTさんの自慢の料理を頂いた事があります。
確か、カワハギ、メジナ、ヒラメ等、
美味しい魚を頂いたはずですが、美味しかった記憶がありません。

なぜなら、料理の出来よりも、散らかったキッチンが気になって気になって…

 

「片付けは俺の仕事じゃないんやー」と言いながら、
キッチンを片付けずに豪快に調理をします。

 

片付けはすべて奥様任せです。
釣ってきた魚の調理は、ウロコや内臓などが出るので、
買ってきた魚よりも、汚れも臭いもキツイのに…

正直、楽しく頂けませんでした。
片付けが出来ない人に、美味しい料理が出来るようには思えません。

 

あー、奥さんかわいそうだな…

心の中では「お父さん、お願いだからもう料理しないで…」と言っているはずです。

 

この一件があったせいもあり、特に片付けには気を付けます。

「料理するお父さんは偉い!」なんてとんでもない!
お父さんが料理をする時、肝に銘じておく事があります。

 

台所はお母さんのお城

 

自分の仕事場の引き出しや本棚を、他の人に勝手に使われて、
片付けてくれなかったら…怒りますよね?
私の上司のTさんは、まさにそれを奥様の仕事場でしていました。

借りるのだから綺麗に使う

普段はお母さんの台所を使わせてもらうのだから、綺麗に使わなければなりません。
流し台、ガス台をキチンと掃除をするのは当たり前。
包丁などの調理道具も丁寧に使い、元の場所へ戻すのも忘れちゃいけない。
お皿を割るなんてもってのほか!
小学校の時に習った「来た時よりも美しく」です。


f:id:tsuritsuri:20180717235035p:plain

 

 

 

金と時間を使いすぎ…

お父さんの料理は時間もお金もかかります。
お母さんは毎日、限られた時間と予算で美味しい料理を作ってくれています。
私を含めたお父さんは、まずここをしっかりと理解しなければなりません。


「そりゃ、それだけお金と時間をかければ、美味しいだろ?」

お父さんの作った料理を、美味しい美味しい!と言っているお母さんも、
実はこう思っているかもしれません。

仮に美味しい料理が出来ちゃったとしても、そこは謙虚に捉えましょう。
お母さんは明日の準備があるので、お借りした台所は早めに(綺麗にして)返しましょう。

 

調味料、食材を無駄に使わない、無くなったら報告

お父さんの料理は無駄が多いので、お母さんのストックの調味料や食材を無駄に使ってしまいます。
お母さんは、1週間は無くならないと予測した醤油を、お父さんは1回の料理で使い切ってしまうような事があります。
ストックの調味料や食材を使って良いか確認して、無くなったら報告をしましょう。

ほら、いつも部下や後輩に「ホウ・レン・ソウ」をしなさい!と言っているのと同じですよ。

 

みんなが美味しい食事を作る

これは、私も耳が痛い…
週末の午後、時間もお金もかけて作った料理が、お父さんだけが美味しい料理だったら、子供達はがっかりです。
男のロマン」を感じる料理は、私も大好きです。
でも、その料理は子供が喜ばない(食べられない)料理だったら、他の料理も用意するなどして「みんなが美味しい食事」にしないと、お父さんが作る意味がありません。

そんなお父さんへおススメワインは…

 

 ニュージーランドの爽やかな白ワインです。
若草のような香りと柑橘系のニュアンスのあるこのワインは、女性に大人気!
それもそのはず、女性が選んだワインコンテスト「サクラアワード」でダブルゴールドに輝いたワインなのです。
お母さんには、このワインを軽く一杯飲んで、料理が出来るのを待っていてもらいましょう。
少しぐらいのミスは多めに見逃してくれるでしょう。

 

まとめ!

・台所を綺麗に使う
・時間と金をかけ過ぎない
・無くなったものを報告する
・みんなが美味しい料理を作る

 

「お前、できるのか!」

 

偉そうな事は言っていますが、すみません、私も出来ていません。
カミさんにも良く指摘されます。
でも、この4点はいつも気をつけて作るようにしています。

 

それでも作るのか、諦めるのか、奥様とよく相談してください。
私はこれからも、カミさんと相談しながら料理をします。


それでは、また!

 

☆こちらも見てね☆

mainchiwine.hatenadiary.jp

 

☆最後までお付き合い頂き、ありがとうございます☆

↓読者登録お願いします!

 

↓押してください!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ツイッターは小ネタも沢山!

 

 

Amazonプライムデーで買うワインはこれだ!

こんにちは。

やってまいりました、Amazon プライムデー
今年は、7月16日12:00~7月17日23:59の36時間の開催です。


もうすぐ始まっちゃうので、手短に私が買おうとしているワインをご紹介します。
 

 

 

本格スパークリングワイン飲み比べセット

 

暑い日が続いています。
ビールも良いけど、スパークリングも最高!
フランス、イタリア、スパイン、オーストラリア、チリの辛口のスパークリングの詰め合わせセットです。


カジュアルに飲めるスパークリングで、世界旅行をしてみるのも悪くないなぁ…
どれも飲んだ事がないワインだけど、普段飲みのスパークリングとしては良さそうです。
フランスのブラン・ド・ブラン(白ブドウのみ)も含まれているので、お得だなぁ…
暑い時にガブガブ飲めるように、1セットあると便利です!

私はバーベキュー用に購入します。

 

 

シャルドネ飲み比べセット

 

 「シャルドネの特徴は特徴が無い所」
と言われるように、生産される土壌、気候、作りてによって個性が違うシャルドネ
白ワインの女王と言われるシャルドネの、様々な違った香味を楽しめるセットです。

・セラー・セレクション・シャルドネ/シレーニ・エステート(ニュージーランド
 ニュージーランドの北島・ホークスベイに位置するシレーニ・エステートは日本で一番飲まれている、ニュージーランドワインです。
華やかなアロマと芳醇な果実味が溢れる上質なシャルドネ

・バレル・セレクト・シャルドネ/ボデガ・ノートン(アルゼンチン)
 スワロフスキー社が所有するワイナリーとして有名なワイナリーですが、実力も凄い!果実味の強いシャルドネを、フレンチオークの新樽で12か月熟成しているので、ボディが強い!ピュアで、コクのあるワインです。

 

・サンタ・ディグナ・シャルドネ・レゼルヴァ/ミゲル・トーレス・チリ(チリ)
スペインの名門ワイナリーが手掛ける、チリのクオリティーワインの先駆けとなるワイナリーです。自然環境への配慮や、働く人々を大切にする取り組みが評価されフェアトレード認証を取得するシリーズ。
標高の高い所で栽培されたシャルドネは、深みのある果実味と酸味のバランスがとれた、爽やかな味わいを楽しめます。

これは、良いです!
ニュージーランド、アルゼンチン、チリの詰め合わせなので、ただの安いワインの詰め合わせと思われるかもしれませんが、とんでもない! 
どれも歴史のある作り手で、丁寧に作られたワイン。
シャルドネの多様性を感じる事のできるセットです!

釣れた魚を料理した時用に購入します。

 

暑いので、泡と白ワインだけにしておきました。
この2セット両方買っても間違いない!

それでは、また!

 

☆最後までお付き合い頂き、ありがとうございます☆

↓読者登録お願いします!

 

↓押してください!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ツイッターは小ネタも沢山!

 

 

 

 

 

実は仕事を辞めまして…さらば秘密の釣り部【皆のプレゼント】

f:id:tsuritsuri:20180714224527j:image

こんにちは。
久しぶりの釣りです…
今年になって3回目。

もう7月なのにまだ3回目!?
どうしちゃったの?
昼休みの釣りは?

実はね、仕事を辞めたの…


なのでここ半年は、最後に少し仕事に集中しました。(いつもしろ!)
まぁ、それに関してはまた改めて。

 

先日、秘密の釣り部のS部長と最後の昼休み釣行(2回目)へ行ったものの、
いつものホームグラウンド周辺が工事中で入れず、やむなく退散。


あーあ、あっけなかったなー

 

3年間続けた秘密の釣り部。
昼休みという短い時間で最大の釣果を上げ、そして何もなかったように午後の仕事に就く…そんなドキドキした釣りがもうできなくなるのか…

mainchiwine.hatenadiary.jp

そんな、未練たらたらで退職の日を迎えました。

そうしたら、びっくり!


退職記念として、色々な方から釣りグッズを頂きました!
釣り仲間はもちろん、釣りを知らない方もS部長に相談を持ち掛けて、
プレゼントを準備してくれました。
ジグとかワームとかサングラスとか…色々頂きました。
S部長からは何とダイワのリール!

ありがとう…みんな…(涙)

 

こりゃ、早速釣りにいくしかないな。

退職したとはいえ、何だかんだで忙しい…
でもせっかく頂いたのだから、すぐに使いたい…

 

そんな訳で今年3回目の釣りとなりました。
どうやら、いつもの川崎某所は豆アジが好調だとか。
時間もないので、プレゼントの中にあったサビキ(中々渋いプレゼント)を使って、
確実に豆アジ狙う事にしました。

 

豆アジ、大漁!

S部長に頂いた、アジング用のリールをサビキ用に使うのは申し訳ない気持ちになりましたが、まずは使う事が大切。(一応、一番最初はルアーを何回か投げましたからね!)
f:id:tsuritsuri:20180714224539j:image

高感度のPEラインは、豆アジの引きでさえダイナミックに感じます。
竿とリールを汚さないように細心の注意を払いながら、豆アジを50匹程釣れました。

 

 

 

Kのプレゼント

これくらいで帰ろうかな…と思ったら、釣り部研修生のKが登場!

 

「お前、仕事は?」

 

「いいんです。最後なんで…」


「嬉しい気がするけど、死ぬみたいでいやだな…」

 

せっかくだから、少し付き合うか…

特に何を話す事もなく、いつも通り釣りを続けました。

 

Kとは思い出が沢山あります。

大忙しイベント中に、会社の裏でこっそり釣り糸を垂らしていた事。
川でおぼれた少年を助けたら、今度は私が川に落ちた事。
昼休みにテナガエビを釣りに行ったら、釣れ過ぎて夢中になって、会社へ戻ったのが夜だった事。

もう少し、こんな釣りが出来たらな…でも、もう終わりです。

 

Kはお金が無いので、私へのプレゼントが買えない…のは知っていました。
でも、

 

「S部長のプレゼントのリールにピッタリな竿をプレゼントします」


と言って、車へ取りに行きました。

 

「無理するなよ、そんなのもらえないよ…」


と思いましたが、その気持ちはしっかりと受け取ることにしました。

その代わり、私の小学校の頃から愛用している、ハゼ釣り用ののべ竿と交換する事にしました。

長年使い込んだ竿を手放すのは惜しいのですが、しょうがないよ…これは。

 

S部長からのリールはアジング用のリールだから、アジングロッドかな?
何て考えながら、竿を交換しました。

まあまあ、感動なシーン。

 

「おい、これベイトリール用のバスロッドだろ?」

 

「えっ? そうなんですか?」


「見れば普通(釣りをしている人なら)わかるだろ?」

 

呆れて、何も言えません。
だいたい使い古しのバスロッドをどこから持ってきたのか…

でも、大切なのは気持ち!その気持ち、ありがとう!

と車にしまおうかとしたら、

「あれ、この竿ワインピース(継ぎ目なし)?こんな長いの車に入らないよ!」
長い竿を無理矢理に車に押しこむしかありません。
本当に迷惑なプレゼントです。

 

「俺の竿、返せ!」

Kらしい最後のやり取りでした。
まあ、仕事は辞めても、釣りはこれからも一緒に行くでしょう。
でも、あのドキドキした秘密の釣り部はこれで終わりです。

 

豆アジはエビの頭と一緒にから揚げに!


f:id:tsuritsuri:20180714224517j:image
複雑な気持ちは切り替えて、豆アジのから揚げを作ります!
それと同時に、前々から子供にリピートをせがまれていた、アルゼンチン赤エビのパスタを作る事にしました。

mainchiwine.hatenadiary.jp

アルゼンチン赤エビのトマトクリームをパスタにしてみました。
残った頭はから揚げに。
豆アジは沢山揚げたので、何尾かをバルサミコ酢の南蛮漬けにしました。
f:id:tsuritsuri:20180715003926j:image

どれも、美味しい!
豆アジのから揚げは、いくらでも食べられます!

 

あー、終わりか…(何度も言うな!)

 

少し、しんみりしながら、もりもり豆アジを食べました。
秘密の釣り部、どうもありがとう!

 

あっ、このブログはまだまだ、続きますよ。
悪しからず…

 

☆こちらも見てね☆

mainchiwine.hatenadiary.jp

 

☆最後までお付き合い頂き、ありがとうございます☆

↓読者登録お願いします!

 

↓押してください!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ツイッターは小ネタも沢山!