まいにちワイン☆ときどき釣り

毎日、ワインを飲んで釣りが出来たらよいなぁ…と気の向くままに発信します

黒猫が乗った樽は美味しいワイン!【2月22日はネコの日】

埠頭から海を見る黒猫

 

 こんにちは。

2月22日はネコの日です。

なぜかは言う必要はありませんね。

 

ネコ、大好きです。

ワインと同じくらいネコが好き。

今日はネコの伝説があるワインについてです。

 

ツェラー・シュヴァルツェ・カッツ

ドイツを代表するワインで、日本でも大変なじみのあるワインです。
シュヴァルツェ・カッツの名は、モーゼルのツェル村に昔から伝わる「黒猫が乗った樽のワインは美味しい」という伝説から来ています。

 

フルーティーでキリっとした酸味が心地良い、爽やかな白ワイン。
和食との相性も良いので、日本でも人気があります。

カッツは「甘くて初心者向けの安ワイン」という印象がありますが、
実はカッツにも色々あります。

 

 

 

 

カッツにも色々ある

カッツ村だけの「黒猫」のワインだったはずが、長い歴史の中で周辺の村も同じように「黒猫」のワインを作るようになり様々な論争が繰り広げられました。
1971年の「新ドイツワイン法」によって、広い地域での「黒猫」が認められるようになり、大量生産の「黒猫」が出てきました。

 

通常、店頭で販売されているカッツは「Q.b.A.」という等級ですが、
その上のカビネット→シュペトレーゼアウスレーゼ…とそれぞれの等級のカッツが存在します。

 

色々な黒猫がいるので、エチケットを見るだけでも楽しくなります。

 

ただ甘いだけじゃない!

ドイツワインは、等級が上がるたびに糖度が上がり、粘り気が強くなります。
単純に甘味が強くなるだけではなく、酸味が綺麗で、香りが強く、深みも出てくるので、アウスレーゼになるとかなり飲みごたえが出てきます。

 

ドイツワインは初心者向けと思われがちですが、複雑で奥が深いマニアックな部分もあります。
色々試してみると、その奥深さに抜けられなくなるかも…

 

ちなみに、カッツにはスパークリングもあります。

 

きめ細かい泡、ほのかな甘味、キリッとした酸味が魅力的なスパークリングワインです。

また、こんな黒猫も…

 

ネコの形をした瓶です。もう、黒猫ではありませんね。
愛くるしいネコのボトルは、プレゼントには最適です。

 

 モーゼルの黒猫ワイン…
まだまだ色々あります。

 

今日はネコの日なので、黒猫ワインを楽しんでみてはいかがですか?

 

それでは、また!!

 

☆こちらも見てね!☆

mainchiwine.hatenadiary.jp

 

☆最後までお付き合い頂き、ありがとうございます☆

↓読者登録お願いします!

 

↓押してください!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ツイッターは小ネタも沢山!

 

 

 

 

ワインに合うラスク【グーテ・デ・ロワ ソムリエ】を柚子ジャムで食べると…

f:id:tsuritsuri:20180218231211j:plain

こんにちは。

ワインに合うラスク…ご存知でしょうか?

ワインに合うラスク・グーテ・デ・ロワ ソムリエ

100年以上の歴史のあるラスクの名門ガトーフェスタ ハラダから販売されている、甘くないラスクです。
店舗でもあまり販売されていないラスクのようです。

 

 

先日、久しぶりに食べたくなったので取り寄せてみました。

f:id:tsuritsuri:20180218231220j:plain

ワイングラスの形の窓がついた箱で、見た目が良い!
自分で開けるのがもったいなくなります。
プレゼントには持ってこいのパッケージです。

f:id:tsuritsuri:20180218231233j:plain

 

材料を見てみると…

フライドオニオン、ナチュラルチーズ、ポルチーニ、トリュフ、バジル、ナツメグ
これらが味と香りを構成しているようです。

ポルチーニは、イタリア料理などに幅広く用いられる代表的なキノコです。ポルチーニをふんだんに練り込むことで、天然のうま味成分と品のある風味をかもしだします。また、フライドオニオンを用いることで、野菜の優しい甘みを作り出しております。そのほか、ナツメグ、ブラックペッパー、バジルなど、多品種のスパイスを使用することにより香り高く、ふくよかな後味を演出します。

HPより

また、チーズについては、

パルミジャーノ・レッジャーノ(Parmigiano Reggiano)はイタリアを代表するチーズです。イタリアDOPの認定を受けた熟成にこだわった高品質のものを惜しげもなくフランスパンに練り込むことにより、深みのある味わいと上品なコクを生み出しております。

HPより

素材にこだわり、贅沢に作られています。
美味しくない訳がありません。

 

食べてみる!

封を開けた瞬間にトリュフの香りがフワッと広がります。

f:id:tsuritsuri:20180218231250j:image

チーズの味がしっかりと効いていて、キノコの旨味、バジルの香りも感じます。
ワインは、白でも赤でもスパークリングでも、何でも合いそうですね。


サクサクと軽く食べられますが、味も濃いめでコクがあるので、樽の効いた白ワインか重ための赤ワインの方が合わせやすそうです。

 

そのまま食べても良いですが、チーズや生ハムなどをのせても良いですし、クルトン代わりにサラダに入れても美味しそうです。

 

 

 

爽やかなワインには、柚子ジャムを塗って

色々な食べ方でも、色々なワインでも楽しめるラスク…
でも爽やかなワインには少し強すぎる気がしたので、思い付きで冷蔵庫にある柚子ジャムで食べてみました。

 

f:id:tsuritsuri:20180218231317j:image

 頂き物の手づくりの柚子ジャムです。
甘みは控えめ。

f:id:tsuritsuri:20180218231321j:image

 サクッとしたラスクの歯応えと、具だくさんの柚子ジャムの歯応えが心地良い…

 

うわっ、これ美味しい!

 

チーズの油分をジャムの酸味が抑えているので、あっさり食べられます。
柑橘の香りと、チーズとキノコの香りも互いに邪魔をしません。

 

これなら、爽やかな白ワインでも美味しく飲めます。

ニュージーランドのソーヴィニヨンブラン。フレッシュなハーブや柑橘系の香りがする爽やかな白ワインなので、柚子ジャムとの相性も抜群です。

特にこのインヴィーヴォは安くて美味しいのでおススメです!

 

思い付きに割には美味しかったので、少し驚きました。
色々な味がするラスクなので、なるべくシンプルな食べ方をした方が良いと思います。
しかし、このラスクに無い要素(酸味と甘み)を合わせると面白い味になりそうです。

是非、試してみて下さい。

 

ちなみに、「グーテ・デ・ロワ」とは「王様のおやつ」という意味だそうす。
こちらのその他の「王様のおやつ」も美味しいのです!

 

それでは、また!

 

☆最後までお付き合い頂き、ありがとうございます☆

↓読者登録お願いします!

 

↓押してください!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ツイッターは小ネタも沢山!

 

旧正月は魚生でピンクの泡!【シンガポールの正月料理・ユーシャン】

f:id:tsuritsuri:20180217132347j:plain

シンガポールの正月料理・魚生

こんにちは。

2月16日は、2018年の旧正月です。
今日はシンガポールの正月料理の魚生(ユーシャン)作ってみました。

中国語での「生魚」の発音「イユューシェン」が、豊かな意味の「余升」と同じ発音になるので、縁起物とされています。

 

「生魚」は、大根やニンジン、キュウリなどの野菜を細切りにしたものと、刺身、すりつぶしたピーナッツ、揚げワンタン、ゴマを混ぜた「刺身サラダ」のような食べ物です。

プラム・ソースで、「ローヘイ、ローヘイ」(すくい上げると言う意味)と言いながら、かき混ぜます。
より高くすくい上げると願いが叶うと言われています。
テーブルの上がグチャグチャになる位かき混ぜるのが良いとされています。

 

魚生作ってみる!

材料

・刺身用サーモン
・千切り野菜(大根、ニンジン・キュウリ)
・ピーナッツ
・クコの実
・クラッカー
・ゴマ
・ライム

ここまでは近所のスーパーで用意できます。

プラムソース?

 

無いよ!(# ゚Д゚)

だいたい、プラムソースって何?!

 

梅じゃだめなの?

 

という事で...

 

f:id:tsuritsuri:20180217132355j:plain

梅ドレッシング!

でも梅だけだと寂しいので、オニオンドレッシングと混ぜる事にしました。 

千切り野菜の上に刺身を盛り付けて、周りに砕いたピーナッツとクラッカー、クコの実、ライムを盛り付けて出来上がりです。

f:id:tsuritsuri:20180217132909j:plain

大雑把な料理ですが、形にはなったかな?
プラムソースがどんな味なのかわからないので、味付けはオリジナルなのであしからず。

具材は大体揃っているはずです。
具材それぞれに意味があるようですよ。

 

刺身:巨額な富

プラムソース:財をもたらす

ライム:幸福と成功

クラッカー:黄金

 

さあ、混ぜます!

 

f:id:tsuritsuri:20180217132922j:plain

「ローヘイ、ローヘイ」

具材を高く持ち上げて、願い事を思いながらかき混ぜます。

何だか楽しい!

黙って太巻きを食べるよりも縁起が良さそう!

「今年は稼ぐよー、今年も沢山釣りするぞー」

 

f:id:tsuritsuri:20180217132933j:plain

これくらい混ぜれば良いかな...

 

 

 

食べてみる!

 

f:id:tsuritsuri:20180217132940j:image

うーん、美味しい!

シャキシャキした野菜の歯応え、香ばしいピーナッツとクラッカー、そして脂ののっ
たサーモン...どれも美味しいけど、混ぜるともっと美味しい!

爽やかな酸味の梅ドレッシングと、コクと旨みのオニオンドレッシングもとても具材にマッチしています。

ライムの香りがエスニックな気分にさせくれてます。

今年は良い事がありそうです!

 

ワインも飲むよ!

f:id:tsuritsuri:20180217132946j:image

そもそも、なぜ魚生を作ろうとしたかと言うと、ワインに合いそうな正月料理だから...

白ワイン、ロゼワイン、スパークリングワインどれでも合いそうですが、お祝いだからロゼのスパークリングワインにします。

 

細かい泡、きれいな酸味、ボリューム感があるカヴァは、
野菜、魚、ナッツ 等の色々な味と香りがする料理を、 1つにまとめてくれます。

よりいっそう縁起が良くなりそうです!

 

 

1960年代から始まった、シンガポール発祥の食文化の魚生。

美味しくて、楽しくて、縁起が良いので、ぜひやってみてください。
ワインにもよく合いますよ!

 

それでは、また!

 

 ☆こちらも見てね!☆

mainchiwine.hatenadiary.jp

 

☆最後までお付き合い頂き、ありがとうございます☆

↓読者登録お願いします!

 

↓押してください!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ツイッターは小ネタも沢山!