まいにちワイン☆ときどき釣り

毎日、ワインを飲んで釣りが出来たらよいなぁ…と気の向くままに発信します

ボージョレー・ヌーボー解禁!どう?盛り上がってる?【ボージョレー解禁当日のニュースのまとめ】

こんにちは。

本日11月16日(木)は、フランス・ボージョレー地区の新酒・ボージョレー・ヌーボーの解禁日です。
日本は世界で一番最初に解禁されるので、毎年それなりに盛り上がっていますが、今年はどうかな…

 

ちなみに、ボージョレー・ヌーボーに関してはこちらでコチラで↓

mainchiwine.hatenadiary.jp

 

今年のボージョレー・ヌーボーはどうなの?

news.yahoo.co.jp

ボジョレー栽培醸造研究機関のChatelet氏によると、今年のワインは「酸味と果実味とタンニンが見事なバランスで整っている。今世紀最高の出来と言われた2015年を彷彿とさせる芳醇さがあり、溌剌さとエレガンスさも兼ね揃えている」とのことで、かなり評価が高いようです。

…いいみたいですね。

まぁ、その年の評価については、あらゆる手を使ってでも良い表現をしてきますよね…
でも、あまり偏屈にならずに、素直に新酒を出来を悦びましょう。

 

最安のボージョレー?!

weekly.ascii.jp

さすが量販店の大手ですね。
でも、ボージョレーは安いのを選ぶと失敗する可能性が高くなるので、あまりおススメできませんが…
ますます「ボージョレーは美味しくない!」という方が増えてしまいそうです。

 

 

ボージョレーイベントはどうかな?

news-tv.jp

何だか、少し少なくなったかな…
いやいや盛り上がっているイベントも沢山あるようです。
今年は【 #ボジョパ 】とSNSでタグ付けが多いようです。
流行語の「インスタ映え」ですね!

www.instagram.com

私のインスタグラムの遊びに来てください!!

 

travel.watch.impress.co.jp

ANAのラウンジや日本出発の一部の路線で、オリジナルラベルのボージョレーが飲めるそうです。
こういうサービスは嬉しいですね!

サーブされているボージョレーは「<メゾン・ジョゼフ・ドルーアンボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー・ヴィエイユ・ヴィーニュ【2017】だそうですが、これは中々よさそうです!

ブルゴーニュで130年以上の歴史のある作り手のメゾン・ジョゼフ・ドルーアンが作る、ボージョレー・ヴィラージュ。しかもヴィエイユ・ヴィーニュ(古木)!
これは間違いなさそうです。

 

 

まとめ!

☆今年もボージョレーは美味しい!
☆イベント数も出荷本数も年々減っていても、その分、質が高くなっている!

まだ、間に合いますよ!

ボージョレーは若いからダメ…」

とか難しい事言わずに、新酒を楽しむましょう!!

 

それでは、また!!

 

☆最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございます☆

↓ポチっとして頂けると、励みになります!

ワインランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓いち早く記事をお届け!

 

手作りポテトチップスを作る…旨すぎてワインまでもたない!【堅あげポテトと合うワイン】

こんにちは。

 

今日は、猛烈にポテトチップスが食べたくなったので、手作りしてみました。
まぁ、作り方は説明する程ではありませんが…

手作りポテトチップス!

①ジャガイモをスライスして、キッチンペーパーで数分水分を取る

f:id:tsuritsuri:20171113230211j:image

②170℃の油で7分程揚げる(きつね色になるちょっと手前であげる)

f:id:tsuritsuri:20171113230222j:image

③塩を振って出来上がり!!

f:id:tsuritsuri:20171113230227j:image

 出来立ての味は、やっぱり最高!!
手作りだと少し厚みがあるので、ちょうど「堅あげポテト」を食べている感じ!

自分でポテトチップスを買う事はほとんどありませんが、1年に1、2回この「堅あげ」だけは買う事があります。
口の中が痛くなる程に、噛み応えがあり、シンプルな味がとてもお気に入りです。

 

揚げながらムシャムシャ食べて、結局ワインの出番が無く、すぐに無くなってしまいました。
そもそも、ワインで合わせよう!という気持ちでポテトチップス作りをした訳ではないので、しょうがないか…

まぁ、この塩味だと合わせるならスパークリングワインですね。
スペインのスパークリング・カヴァなら、手頃な値段で辛口・強い泡を楽しめるのでオススメです。

 

 そういえば、以前高級ポテチとシャンパンを合わせた記事がありましたね…

mainchiwine.hatenadiary.jp

 

せっかくなので、「堅あげポテト」のそれぞれの味に合うオススメワインを紹介します!

 

 

「堅あげポテト・のり味」

 

 
黒のリをじっくりと焼いて、より香ばしい磯の香がたまりません。
一見、ワインとは合わなそうな味ですが、実は磯の香りとワインは相性が良いです。
ヨード香がするワイン…例えば赤ワインだとメルロー、白ワインだとミュスカデや甲州などが磯のニュアンスを感じます。

のり味だけでなく、海産物全般と相性が良いワイン。
牡蠣と合わせても良さそうです。

 

 「堅あげポテト・ブラックペッパー」

 

個人的に、これが一番好きです。
固いポテトには、スパイシーな味が最高に合います!!
なので、ワインもスパイシーな赤ワイン!

 

オーストラリアを代表するワイナリーの渾身の1本。
通常のシラーズよりも樽の熟成をさせた、しっかりとボディを感じる骨太な赤ワインです。
スパイシーで歯応えのあるるワイルドなポテトチップスと、骨太赤ワインで最強タッグを組むことになります。

これはいい…

 

まとめ!

☆手作りポテトチップス→凄く美味しい!「堅あげポテト」級
☆ポテトチップス塩味→スパークリング・カヴァ
☆ポテトチップスのリ味→メルロ、ミュスカデ、甲州
☆ポテトチップスブラックペッパー→シラーズ

 

あぁ、ワインと合わせるために、またポテトチップスを作らなきゃ…

 

それでは、また!!

 

☆ポテトが出てくる記事!☆

mainchiwine.hatenadiary.jp

mainchiwine.hatenadiary.jp

☆最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございます☆

↓是非、投票してください!

↓ポチっとして頂けると、励みになります!

ワインランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓いち早く記事をお届け!

 

11月13日はうるしの日 プレゼントにピッタリ!うるしのワイングラス

こんにちは。

本日、11月13日は「うるしの日」です。

平安時代の11月13に、文徳天皇の第一皇子・惟喬親王が嵐山の法輪寺に参籠して、漆の製法を菩薩から伝授したという伝説から、日本漆工芸協会が1985年に制定しました。

 

 

菩薩からうるしの製法を伝授した…とはなんとも凄い話です。
でも、縄文時代のうるし製品も発見されているそうなので、平安時代以前にもうるしはすでに使われているようですね。

 

ここ最近、うるしを使ったワイングラスが注目されています。

 また、こんなグラスもあります。

和グラス

 

 

久谷焼磁器と江戸硝子を融合させた「久谷和グラス」に、ステムの部分が木製の漆塗りの「JAPAN Glass」です。

和グラス
シャンパン・白ワイン・赤ワインと3種類のグラスの形と…

 

黒・朱・溜

とぎかすり・金箔朱縁金

溜波千鳥黒日月・白漆桜

ステムの色と柄は11種類選べます。

機能性にも優れたグラスで、和モダンを楽しめます。
こちらもプレゼントとして、幅広い世代の方に喜んでもらえそうです。

グラスと一緒にワインもプレゼントされるとしたら、やはり国産ワイン!

おすすめは、栃木県足利市のココファームワイナリー。
2000年の沖縄サミット晩餐会で乾杯のお酒として、こちらのスパークリングワインが使われて世界的に注目が集まったワイナリーです。


以前は、知的障害者の方が作るワインとして話題が集まるワイナリーではありますが、現在はワインの品質も高く評価されています。
ぶどう本来の良さを引き出すために、自然なワイン造りをしているため、生産量が少なく、その1本1本に愛情を感じる事が出来るワインです。

どうでしょう…「JAPAN Glass」で頂くのにピッタリなワインではありませんか?

 

この年末にかけて、うるしを使ったワイングラスとワインで素敵な時間を楽しんでみる、もしくはプレゼントしてみてはいかがですか?

それでは、また!

 

☆最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございます☆

↓是非、投票してください!

↓ポチっとして頂けると、励みになります!

ワインランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓いち早く記事をお届け!