まいにちワイン☆ときどき釣り

毎日、ワインを飲んで釣りが出来たらよいなぁ…と気の向くままに発信します

アサリと春キャベツとワイン!

こんにちは!

潮干狩りの季節がやってきました!!

沢山とったアサリを白ワインで!もう最高ですね!

今日はアサリと春キャベツを使って、白ワインを美味しく楽しめる料理を作ってみます。

20170419233452.jpg

4月末~5月中旬は気候も落ち着き、引き潮の時間が長いので、潮干狩りに適した時期です。

また、アサリは7月~8月にかけて産卵のシーズンを迎えるので、体内に栄養を蓄えるため、この時期に太り、味が良くなります。

まさに今が旬のアサリ!

アサリには旨味成分のタウリンが豊富で、肝機能の促進、アルコール障害の改善、血液サラサラ効果があると言われています。

加熱したときに出る汁が旨味成分と栄養素が多く含まれているので、汁も一緒に摂れる調理法が適しています。

一方春キャベツは、ビタミンC、U、カリウム、カルシウム、食物繊維が豊富です。

生食が理想ですが、加熱した料理は汁も一緒に摂ったようが良いそうです。

そんな、アサリと春キャベツ、そしてワインにピッタリな料理が…

アサリと春キャベツの白ワイン蒸し

材料(4人分)

春キャベツ:1個~半分

アサリ:400g

ベーコン:5枚

にんにく:1~2かけら

白ワイン:50㏄

バター:適量

①アサリは予め塩抜きをしておく

②キャベツ・ベーコンをざく切りにして、ニンニクはみじん切りにしておく。

③フライパンにオリーブオイルでニンニクを炒めて、香りが出てきたらベーコンを炒める。

④そこへ、アサリを入れて、全体に油がまわるまで炒める。

⑤さらにそこへ、キャベツ、白ワイン、水1/2カップを入れ、煮立ったら蓋をして、5~6分蒸し焼きにする。

⑥アサリの口が全部開き、キャベツがしんなりしたら、塩コショウで味を調え、バターを混ぜて出来上がり!

ワインはどうしましょう。

塩、バター、シーフード、味は濃いめ…温暖な気候でできたシャルドネにします。

酸味が少なく樽熟成が効いたボリュームのある、南フランスのシャルドネを使ったワインを選びました。

チリ、アルゼンチン、スペインのシャルドネでも良いと思います。

では食べてみましょう!!

アサリの味は文句なし!味付けはほとんどしていませんが、ベーコンの塩味と春キャベツの甘味、アサリの旨味がしっかりと出ています。

逆にキャベツにもアサリとベーコンのエキスが染みていて、キャベツだけでも美味しい!もっとたくさんキャベツを入れても良かったかもしれません。

汁を十分楽しむためにフランスパンを用意しました。

パンに汁を染み込ませて、無駄なく頂きました!

ワインとも相性が良かったですよ!

味が濃い、コクのある料理なので、コクのある白ワインが良く合いました。

暑い日には、逆に酸味がきれいなスッキリとした白ワインもよいかもしれません。

もう白ワインならなんでも美味しいでしょうね。

まだまだアサリの美味しい季節は続くので、今度は違う楽しみ方を考えてみたいと思いました。

こんどは赤ワインで楽しめちゃう料理かな?