まいにちワイン☆ときどき釣り

毎日、ワインを飲んで釣りが出来たらよいなぁ…と気の向くままに発信します

疲れた体に、ごぼうのマリネとミュスカデでを!【ゴボウとワイン】

 こんにちは。

最近、仕事が忙しくて疲れ気味…
何だかやる気が出ません。

 

吸い寄せられるように買った野菜が「ごぼう」。
別に好きでも嫌いでもないのですが、何となく食べたくなりました。

 

ワインと合わせられるようにマリネにしました。

 

ゴボウのマリネ

材料

ごぼう:2本
醤油:大さじ2
みりん:大さじ2
オリーブオイルで:大さじ1
鷹の爪:1本

バルサミコ酢:大さじ2

 

①ゴボウの皮をむき、食べやすい大きさに切り、3分程茹でて水気を切る

f:id:tsuritsuri:20180525091759j:image

↑アルミホイルでゴシゴシすると簡単にとれます

 

②醤油・みりん・オリーブオイル・鷹の爪を鍋に入れてひと煮立ちさせて、バルサミコ酢を加える

f:id:tsuritsuri:20180525091830j:image

f:id:tsuritsuri:20180525091905j:plain

③容器に茹でたゴボウを入れて、②をかけて冷蔵庫で1日置いて出来上がり

f:id:tsuritsuri:20180525091735j:plain

 

 

食べてみるよ!

酸っぱっ

実は私、酸っぱいものがあまり得意ではありません。
でも疲れた体には良いですね…染みてくる…

ゴボウの香りと、バルサミコ酢がよく合います。


思わずボリボリと何本も食べたくなります。
後を引く美味しさです。

 


f:id:tsuritsuri:20180525091902j:image

 

 ワインはミュスカデ!

 

ミュスカデは、フランス・ロワール地方で多く作られるブドウ品種。
柑橘系のフレッシュな香りと、はつらつとした綺麗な酸味が特徴の辛口白ワインが多いです。
特に、ミュスガデはシュールリー(澱の引きをしない)という製法で作られる事が多く、澱からアミノ酸の旨味成分が抽出されています。

和食との相性がよいので普段から飲める白ワインです。

 

日本の独特の食材のゴボウを、醤油とバルサミコ酢で味付けをしたこの料理には、
まさにピッタリなワインです。

 

まとめ!

ゴボウは優しい、酸味があるともっと優しい…

 

ゴボウの栄養素としては、食物繊維や、カリウムマグネシウム・カルシウム等のミネラルが豊富で、整腸効果もあるそうです。

最近、いまいちやる気の出ない私に「気合」を入れてくれるようなパワーはありませんが、
「そろそろ起きたら…どう?」と優しく起こしてくれるような料理でした。

 

それでは、また!

 

 

 ☆こちらも見てね!☆

 

☆最後までお付き合い頂き、ありがとうございます☆

mainchiwine.hatenadiary.jp

 

↓読者登録お願いします!

 

↓押してください!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ツイッターは小ネタも沢山!

 

 

 

// ]]>