まいにちワイン☆ときどき釣り

毎日、ワインを飲んで釣りが出来たらよいなぁ…と気の向くままに発信します


スポンサード リンク

夏休みの課題に作れる?【ワインボトルの風鈴】

こんにちは!

そろそろ夏休みです。

今日は夏休みの工作にピッタリな、ワインボトルの風鈴を作ってみました。

 

f:id:tsuritsuri:20170717220121j:plain

ワインボトルの風鈴

材料・準備するもの

・ワインボトル:1本(涼し気な白ワインボトル)
・タコ糸
・コルク
ジッポーオイル
・氷水の入ったバケツ
・ライター

作り方(ビンを切る)

①ボトルをカットする位置にタコ糸を二重に巻き付ける。
ジッポーオイルをタコ糸にしみ込ませる

f:id:tsuritsuri:20170717221339j:plain

③ライターで火をつける。(勢いよく燃えるので要注意!)
④糸が燃え尽きたら、素早く氷水へ入れる→ボトルが切れる

f:id:tsuritsuri:20170717222520j:plain


実はこの工程が一番苦労しました。
糸がしっかりと燃えなくて、氷水入れてもビンが切れないのです。
タコ糸が無かったので、毛糸や麻ひもでやっても、上手く燃えませんでした。
実際は手ぬぐいを1㎝幅で裂いたものを、2重にしたものが良く燃えて、上手く行きました。
良く燃えるので、くれぐれも気を付けて行ってください。

作り方(風鈴に仕上げる)

①ボトルの切断面をやすりをかける。

f:id:tsuritsuri:20170717222439j:plain

②コルクの真ん中に穴をあけて、タコ糸を通してずれないように止める。

f:id:tsuritsuri:20170717222721j:plain

③ボトルの切断部分あたりに、ガラスの棒や金属の棒などの音の鳴るもの(ここでは百均の風鈴をばらしたガラスの筒)を取り付ける。

f:id:tsuritsuri:20170717223648j:plain

④糸の一番下の部分に短冊を付けて出来上がり!

f:id:tsuritsuri:20170717225034j:plain

短冊部分は娘にブドウの絵を描いてもらいました。
風鈴にしては面長ですが、イメージ通りにできました。

f:id:tsuritsuri:20170717225223j:plain

実際に吊り下げて、音を聞いてみると、
通常の風鈴よりもガラスが厚いせいもあり、すこし低めの音です。
でも、パビヨンブランを風鈴にできた事が、何よりもうれしい!

 

今回のボトルのワイン、パビヨンブランとは…

f:id:tsuritsuri:20170717225557j:plain

1855年の格付け当時から五大シャトーの先頭を争う高貴なワイン、シャトー・マルゴーの白なのです!!
生産量はシャトーマルゴーの1/5という、非常に貴重な白ワインです。
ソーヴィニヨンブラン100%のこの白ワインは、高貴で純粋な味わいで、「王妃」や「花嫁」に喩えられるほどです。

 

 

ボルドー最高級の白ワインのボトルで風鈴を作る!

 

これをしてみたかったのです!
もったいない!と言われそうですが、
空瓶をそのまま、ずっと取っておくより有効活用ではないかとおもいます。
大切なボトルを別の形で取っておく事ができたら、楽しいですよね!

 

夏休みの工作でやってみてはいかがですか?
くれぐれも、ガラス・火気には十分と気を付けて製作してください!!

それでは、また!!

 

☆最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございます☆

↓ポチっとして頂けると、励みになります!

ワインランキング

↓いち早く記事をお届け!