まいにちワイン☆ときどき釣り

毎日、ワインを飲んで釣りが出来たらよいなぁ…と気の向くままに発信します


スポンサード リンク

ワインに合うそうめん!【コンソメライムそうめん】

こんにちは。

ここ数日、頭の中でずっと考えていたこと…それは

 

コンソメライムそうめんを作る事!

 

ワインと一緒に食べられるそうめん無いのかな…と考えていたところ思いつきました。
ただ、思いついただけで、見たことも、聞いたこともありません。
思い付きです。

さあ!早速作ってみましょう!

 

f:id:tsuritsuri:20170716194957j:image

 

コンソメとブイヨンの違い

少し話がそれますが、よくブイヨンとコンソメの違いは何かよく聞かれます。
まずブイヨンは「出汁」という意味で、肉や野菜、魚から取られた出汁自体をブイヨンと言います。つまり塩分が含まれていない出汁の事を指します。
そして、コンソメは「完成された」という意味でブイヨンに調味料を加えてスープとして完成させたものを言います。

通常、同じような意味として捉えていますね。

 

コンソメライムそうめん

【材料:2人前】

・そうめん:150g(お好みで)
・コンソメの素:小さじ2
・鶏がらスープの素:小さじ1
・冷水:240㏄
・ライム:1/2個
・鶏唐揚げ(お好みで)

【作り方】

①そうめんは茹でて水にさらして冷やしておく
②コンソメ・鶏ガラを少量のお湯で溶かして、冷水でスープを作る。
③よく水を切ったそうめんを器に盛り付け、スープを注ぐ
④スライスしたライムとから揚げをのせたら完成!!

 

いつも通り簡単です。
スープは②の段階で味付けの濃さを確認して、塩で調えてください。
今回のから揚げは鶏の胸肉のから揚げを使いました。

f:id:tsuritsuri:20170716195008j:image

 さぁ、食べてみます!

食べる前にライムを汁に絞って、酸味を加えます。
口に入れる前から、ライムの香りが鼻孔をくすぐります。
口に入れるとライムの酸味と香りが広がり、そのあとコンソメの旨味を感じます。


冷たくて、酸っぱくて、爽やか!
でもコクもある!!
美味しい!!!

 

どこかエスニック料理のようなテイストも感じます。 f:id:tsuritsuri:20170716200222j:image

 付け合わせの鶏胸肉のから揚げも相性抜群!
サッパリしたそうめんに、良いアクセントになります。

ワインはシャブリ! 

ワインは適当に、ボルドーブランを飲みましたが、
これにはシャブリが良さそうです。

ミネラル感があり、酸味もある白ワインがぴったりです。
例えばこれ

     

ウィリアム フェーブル シャブリ

シャブリの作り手として著名なウィリアムフェーブルのシャブリです。
フレッシュな柑橘系の香りと、キレのある酸味があるスタンダードなシャブリです。
酸味のある爽やかな料理との相性が良いワインなので、今回のそうめんとピッタリです。酸っぱいタレに使ったから揚げとも合います!!

 

ここ数日、温めていただけあり、なかなか良い完成度でした。
当初はオリーブオイルを混ぜて、トマトを入れて、バジルを散らして…
などと考えていましたが、スープを味見した瞬間、
これはシンプルに食べた方が良いと感じました。

ただ、これは好みなので実際にオリーブオイルを入れたコクをだしても面白いかと思います。

いずれにしても、暑い夏にはピッタリなので、ぜひ作ってみてください!!

それでは、また!!

☆最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございます☆

↓ポチっとして頂けると、今後の励みになります!

ワインランキング

↓いち早く記事をお届け!