まいにちワイン☆ときどき釣り

毎日、ワインを飲んで釣りが出来たらよいなぁ…と気の向くままに発信します

夏野菜と白ワインは美味しい…だけじゃない!

こんにちは!

昨日に引き続き、何か疲れ気味の私…
それもこれもテナガエビ釣りへ行けなかったからです。
今週末は晴れそうなので、必ずテナガエビを釣ってきます!

そんな疲れたときには、やさしい野菜が体に嬉しい…
そう夏野菜です!

f:id:tsuritsuri:20170627003950j:image

夏野菜は一般的に、カロチン、ビタミンC、ビタミンEなどを多く含む野菜が多いので、疲労回復に効果があると言われています。

そんな夏野菜の中でも今日はオクラ・トウモロコシ・トマトをシンプルに調理してワインで楽しんでみました。

 オクラ

粘りのある野菜ですが、これは食物繊維コレステロールを減らす効果があると言われています。他の栄養素としてはビタミンA、B1、B2、ミネラル、カルシウム、カリウムなどが含まれているため、夏バテ防止や便秘・下痢にきく整腸効果があります。

 

トウモロコシ

体のエネルギーとなる炭水化物を中心に、ビタミンB1、B2、E、リノール酸食物繊維、そしてカルシウムやマグネシウムなどのミネラルをバランスよく含んでいます。

 

トマト

緑黄色野菜のトマトにはビタミンA、C、E、リコピンカリウム食物繊維、鉄分、カルシウムが多く含まれています。
またアルコールの分解を促す効果があるので、お酒を飲むときに食べると二日酔いを防ぐ効果があると言われています。

効果を知るだけでも元気になりそうです!

 

白ワインと夏野菜の相性はどうでしょうか?

白ワインにはクエン酸アミノ酸、リンゴ酸などの有機酸を多く含んでいます。
この有機酸は殺菌効果があるので下痢や食中毒予防に効果があります。
また有機酸には、カルシウムの吸収を促したり、血行や代謝を促したり、疲労回復にも効果があります。
よって、夏野菜と一緒に白ワインを飲むと

「栄養素の吸収が良く、疲労回復に効果がある。」

という事になります。

 

白ワインは何を選んだら良いか?

あまり栄養素の事ばかり説明すると、また疲れてしまうので、
実際に美味しく楽しむためにはワインは、どのワインを選んだらよいでしょうか?

今回はフランス・ボルドーの白ワインです。

     

 レ・オー・ド・ガフリエール・ボルドー・ブラン

バリューボルドー2014にも選出され、サンテミリオンの第一特別級Bのシャトー・ラ・ガフリエールが手掛ける白ワインです。

粘土質の土壌のサンテミリオンのミネラル感が豊富な白ワインは、
フレッシュでビタミン豊富な夏野菜との相性は最高です。

特にボルドーブランではなくても、ソーヴィニヨンブランのブドウを選べば、
夏野菜のおいしさを楽しめます。

今回は、個人的にオクラ(油を塗ってトースターで焼いただけ)を美味しく食べるためにソービニヨンブランを選びましたが、
焼きトウモロコシには赤ワインのカベルネソーヴィニヨン
トマトには辛口ロゼワインを選ぶのも良いですよね!

 

梅雨が明けるとますます暑くなります。
夏野菜とワインで暑い夏を美味しく乗り切りたいですね!
ナス、ピーマンなどの夏野菜も今度取り上げてみたいと思います。

 

それでは、また!

↓夏バテしないように押してください!


ワインランキング